« ダイアナ・クラール | トップページ | 丸い氷でハイボール »

2011年6月 7日 (火)

同じ材質で仕上方を変える

Img_0805aa_2

ガルバリウム鋼板張のツインバルコニーの家です。

同じ材料、同じ工法で全て仕上げてしまうのではなく、外壁にメリハリを付けます。

右側はガルバリウム鋼板の中波板に加工されたものを横張りし、左側は、ガルバリウム鋼板の瓦棒葺です。

これは、屋根を葺く時に使う工法で、“葺”と言っています。

外壁に45cm幅のガルバが縦の瓦棒という棒によって繋ぎ合わされる表情は、右側の中波とはまた違った陰影を創ります。

遠藤浩建築設計事務所

|

« ダイアナ・クラール | トップページ | 丸い氷でハイボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125129/51877003

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ材質で仕上方を変える:

« ダイアナ・クラール | トップページ | 丸い氷でハイボール »