« キッチンのレイアウトを見直す。(時代に合わせて) | トップページ | 寝室を見直す。(時代に合わせて) »

2011年3月15日 (火)

大震災

誰もが想像もしていなかった災害が起こってしまいました。

被害に遭われた方々に対しまして深くお見舞、またお悔み申し上げます。

少しでも早い事態の終息、および救援、復旧ができますことを願います。

そんな中、こんな小さな島国に対して世界各国からの手厚い支援、協力はとても有り難く助かる思いがします。

先の見えない状況で、私自身も微力ながら、一体何が出来るのかしっかり考えたいと思います。

遠藤浩建築設計事務所

|

« キッチンのレイアウトを見直す。(時代に合わせて) | トップページ | 寝室を見直す。(時代に合わせて) »

コメント

土田さん
コメント有り難うございます。
災害時は、電車が止まり、高速道路が閉鎖させれ、交通は大混乱に見舞われました。
家が帰宅難民の方々を保護できたというのは、嬉しい限りです。
地震の被害もなかったということで、ホッとしております。
津波も心配しておりましたが、影響なかったということで安心しました。
原発の状態も次々と起こる現象に驚かされましたが、終息の方向に向かいつつあるのでしょうか、いや、まだまだ予断を許さない状態かもしれませんが、日本中の、世界中の様々な知恵が出され協力し合い良い方向に向かってくれることを祈ります。

投稿: 遠藤 | 2011年3月20日 (日) 09時57分

遠藤さん、ご無沙汰しています。海の見える家を建てていただいた土田です。

当時は思いもしませんでしたが、こうやって震災に見舞われた今、遠藤さんにしっかりとした家を造っていただいたおかげで、大きな心配をすることもなく安心して過ごすことができました。揺れの被害は、実質皆無でした。

海のすぐそばですがそこそこ標高もあったため、津波の心配もなさそうです。地震のあった日には、帰宅難民になった方を保護してみなさんに過ごしていただきましたが、素晴らしいと大好評でした。

改めて、ありがとうございました。電気や物資などまだ色々と落ち着いておりませんが、一日も早く復活すると良いですね。

投稿: 土田 | 2011年3月19日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大震災:

« キッチンのレイアウトを見直す。(時代に合わせて) | トップページ | 寝室を見直す。(時代に合わせて) »