« オープンハウス | トップページ | 大震災 »

2011年3月11日 (金)

キッチンのレイアウトを見直す。(時代に合わせて)

キッチンは、対面でしょうか、壁に寄せるタイプでしょうか、はたまた、アイランド?

場合によっては、対面やアイランドキッチンは場所を取ってしまい、食堂や居間が狭くなったり、逆に、食堂や居間をより大きく取りたいときなどの妨げになってしまうことがあります。

そんな時、壁に寄せるタイプでも、アイランドキッチンよりもオシャレに、対面キッチンよりも収納力のあるキッチンを創ることが工夫次第で出来ます。

それは、収納壁に組み込んだ収納壁一体型キッチン!

ただ単に壁に据え付けたキッチンは、アパートのDKのようでチープに見えますが、壁収納と一体に見せることでデザイン性や統一感が生まれます。

しかも、収納力は、壁収納をたくさん造ることで格段に増えます。

大改造!!劇的ビフォ→アフタ-ばりに、家事テーブルやアイロン台が仕込んであったり、炊飯器や電子レンジなど家電が格納できるようになっていたり、多機能に使うことが出来ます。

こんなキッチンもアリかな、と思うのですがどうでしょうか?

遠藤浩建築設計事務所

|

« オープンハウス | トップページ | 大震災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125129/51090555

この記事へのトラックバック一覧です: キッチンのレイアウトを見直す。(時代に合わせて):

« オープンハウス | トップページ | 大震災 »