« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

設計料の出し方

建築家の設計監理料の算出の仕方に、主なところで3種類あります。

1.工事費の何パーセントというもの。(10%前後からが多い)
2.1坪あたり何万円というもの。(7万円/坪前後からでしょうか)
3.国交省告示による計算方法によるもの。(あまり一般に馴染んでないので、今回は割愛します。)

1.は、工事費に合わせて設計料が決まります。
工事費が上がると、工事範囲が増えたり、使う材料や工事のやり方に、更に知識が必要だったり、高度な技術を必要とするため、必然的にその分設計料が上がります。
だからといって、工事費を予算に合わせる予算調整のとき、工事費を下げると設計料も下がってしまうので、真剣に工事費を下げる努力をしてくれないのではないか?と思われる方も稀にいらっしゃるようですが、設計の仕事というのは、絵に描いた餅ではなく、実現して初めて報われるものなので、設計したものが予算に合わず実現しないことのほうが、断然、損失。
設計者は、予算に合わせる努力を全力で行いますので、勘違いされるのは悲しいことです。

2.は、建物の面積に合わせて、設計料が増えたり、減ったりします。
同じ面積でも建物の仕様によって、高くなるものも、安くなるものもあります。一番安い仕様で1坪あたりの単価設定は出来ないでしょうから、どうしても高めの設定になりがちです。
しかし、工事費が上がっても設計料が上がらなくて、安心と思われる方も少なくありません。

それぞれ、算出方法は違いますが、上記のことを考えると、実は、設計料のトータルでは、あまり変わらないといってもいいかもしれません。
2.の方法も、面積の取り方によって違ってきます。金額のほうが明解なので、工事費の何パーセントというほうがわかり易い、という方もいらっしゃいます。

設計事務所が、これらいくつかの算出方法を採用していますが、それぞれのお宅ごとに条件が違いますので、十派一からげに全てその方法に当てはめてしまうのも難しく、ケースバイケースで施主さんに合わせていくのが本当のところだと思います。

実現していいものが出来て初めて、“やってて良かった!”と思える仕事なので、建築家は、労力を惜しまず設計料以上の仕事をやってしまうのが実情です。
そのような一面もあることを、知っておいて頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

建築家に依頼するデメリット(心配される方の予備知識として)

建築家に設計を頼む場合にも、ご多分に漏れず、良い面もあれば、そうでない面もあります。

今回は、そうでない部分を話してみたいと思います。

1.完成まで時間がかかる。

ハウスメーカーの自由設計とは言えタイプごとにシステム化された家とは違い、完璧な特注品です。

その方の家のために一から決めていかないとならないので、時間がかかります。

設計を始めて完成まで、最低で1年ちょっとかかります。

2.出来上がるまでどんな家になるのかわかりずらい。

展示場の家や車のような商品ではないので、完成品を比較することが出来ません。

できる限り、出来上がりをCG、模型、スケッチ等を作りイメージしやすいよう努めながら設計を進めますが、他に何処にもない家、その方だけの家を創るので、出来上がるまで、完成する家がわかりずらいかもしれません。

3.早い段階で実際の工事費がわからない。

ハウスメーカーは、システム化された商品なので、見積もすぐに出て来ますが、設計事務所の場合、図面が出来上がって実際の見積を工務店から取るまで、実際の工事費が出て来ません。その前に、概算を出しても良いのですが、アバウト過ぎてあまり参考にならないことが多いんです。

時間がない、打ち合わせを何回もしたくない、そんなに家にこだわっていない、こだわっているけれど創るよりも出来上がった商品・製品になったものが大好きな方には向かないかもしれません。

メリットについては、こちらを参考にどうぞ!

・設計事務所とハウスメーカーの違いについて

・設計と施工を分ける意味

・監理をする意味

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

見積講習会

Mitumori

木造住宅の見積講習会に行ってきた。

一日掛けて大分勉強しました。

見積は、勘と経験が物を言うとのこと。

図面を基に工事の予測が出来ることが、見積の精度を上げるカギだとか・・・。

~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

カバーアルバム

ブリグリの“There will be love There -愛のある場所-”
JUJUがカバーしてるけど、滑舌がいい分、こんな歌詞だったんだ!と思わず聴き入ってしまいます。別の曲のよう。
視聴(こちらの5曲目)↓
http://www.amazon.co.jp/Request-JUJU/dp/B003X03CLI

そんなところが、カバーアルバムの楽しみだったりする。

エッジの効いたボーカルは、オーディオ向きの音、他に邦楽では、綾戸智恵(24bit 96kHz)とか・・・。

そういえば、オーディオ繋がりで、タンノイの550万円もするスピーカーを聴く機会があり、宇多田ヒカルのFirst Loveがかかっていた。
そりゃぁ~もう、みずみずしくて、艶があってストレスのない安定した凄い音だったこと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

知り合いの家

Oota国立で打合せのあと、近くに住む友人の家に。

伝統工法の家、さすが建築家の自邸だけあっていろいろな工夫があったり、大工さんも頑張ったのでしょう、丁寧な造りで良く出来てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

打合せ

土日は、3組の方と打合せ。

日曜は、2組。お話しているときは楽しいのですが、さすがに連続2組はヘトヘトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »