« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

テーブルに桜の花が・・・

61281354_ma_2sakumain2通常、グラスをテーブルに置くと、結露してテーブルが濡れてしまうのを嫌います。

このグラスの濡れ方は、桜の花びら。グラスの底が桜の花びらの形になっています。

SAKURASAKU glass

グラスの結露を美しく見せるデザイン、気に入っています。

春は、直ぐそこまで来ています。待ちどうしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

お気に入りの家具屋さん

Kthighstool_01abc_2私の好きな家具屋さん、TRUCK FURNITURE
木とスチールが絶妙な雰囲気を醸し出していて、エッジの効いたデザインです。
私の好きな建築で、パリにある“ガラスの家”ピエール・シャロー設計(写真右)のインテリアの木とスチールの組合せ方に通じるものがあり好きです。(見学に門を叩きましたが2回門前払い、3度目の正直で、今度こそ家の中を見せて頂こうと思っていますが・・・。)
ウチで使っているのは、このハイスツール。
けして無難でなく、エッジが効いているのに、実用的なのがいいところ。
軸が回転して座面が上下し、カウンターの高さに合わせられるのも便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

安心して監理が出来る!?

Isidateinaibu中庭のある家の内部もかなり進んでいます。

工務店が優秀なのと大工さんの腕がいいので安心して監理が出来ます。

ということは、現場が楽しいということ。

仕上も着々と進行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

陽のあたり加減

Kaseteikiso ツインバルコニーの家の基礎にちょうど陽の光が注いでいる状態です。

冬至からあまり経っていない時期に、このくらいの角度で、太陽の光が入ってきます(13:00ごろ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

竣工写真機

Kiss1年半で、より高性能な製品にモデルチェンジしてしまうデジタル一眼に十数万円もかける気がしなくなり、EOS30Dからの乗換えで5万のEOS KISS X2を使っています。

最新のEOS50Dと画質があまり変わりません。安いデジタル一眼も性能が上がったもので、ひと昔前の100万円クラスの最高峰だったものの画像が今、5万円で手に入るという感じでしょうか。

世の中は更に進化しつつあり、もう小さいセンサー(APS-C)から、フルサイズのセンサー(35mmフィルムと同じ大きさ)に移りつつある過渡期のようで、この先、APS-Cのカメラ(50DKISS)を長く使えるとは思えなし、次の買い替えを考えると、KISSが、お手ごろ。

ちょっと、雰囲気を変えてEOS KISS X2にアーマー(米国製シリコンプロテクター)を装着。

小さめのボディーなので、これを着せると、構える時のホールドがいいし、ぶつけても傷の心配がありません。

デジタル後発だったニコンもキムタクのCMやカメラの性能を上げて、キャノンに対向していますが、私は、ヤッパリCANONかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

外壁

Isidatei23“中庭のある家”の外壁が、ほぼ終わりました。

シルバーの波板が、建物を清潔感のある爽やかな感じにしています。

足場を外したあと、南側に、建物が庭を抱きかかえるように中庭を創ります。

ツインバルコニーの家”は、早速、年明けから基礎工事にかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

さっそく新年会?

Sinnen4日は、知り合いのKAZ建築研究室の小磯さんの事務所で今年初の新年会。

居心地がよく、午後4時ごろ伺い、気がついたら12時近くまでお邪魔してしまいました。

子供のこと、年齢のこと、親の世話のことや同じ設計仲間なので、設計手法やお施主さんとの打ち合わせ方など共感できる話で盛り上がりました。

途中から、奥さんも加わり、その後、ウチのかみさんも加わり、さらに盛り上がり、なかなか終わりそうになくなり、日が替らないうちに切り上げました。お楽しみは、次回に持ち越しです。

新年早々、楽しいひとときを有難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

新年を迎えて

明けまして、おめでとうございます。    本年も宜しくお願い致します。

建築家との家づくり、楽あり、苦あり、だから“しあわせ”がいっぱい!!

建築家と一緒に創ると、メーカーでは出来ない、よそにはない理想の家が出来上がり、ご自分たちの夢が叶います。

だからといって、それが自分たちの理想と寸分違わないものであるというのは、なかなか難しいものがありますが・・・。

建築家と一緒に、じっ・・・くりと試行錯誤しながら創っていくうちに、多少の不満も飲み込めるような愛情が芽生え、何ともいえない“しあわせな家”になっていきます。

だから、楽しくもあり、苦しくもあり、その先には、納得のいく愛着のもてる家に住めるというわけです。

一方、ハウスメーカーに依頼すると、苦労は、あまりありません。決められた仕様をマークシートのように選んでいけば、出来上がるようになっているからです。

システム化されているため、ある意味楽です。楽しくはありませんが。

設計期間、工事期間も短いわけです。

お施主さんにとっては、そのシステムの開発経費がかかっている分、工事費の30%前後は、多めに必要です。

ちなみに、設計事務所に依頼する場合の設計料は、その1/3程度です。

(詳しくは、ウチのHP、知得の話、「設計事務所とハウスメーカーどこが違うのでしょうか?」を参照してください。)

さて今年、どちらに、ご自分の家()を託しますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »