« 外壁のメンテナンス | トップページ | オープンハウスに行って来ました »

2007年6月 2日 (土)

コストダウンのポイント、更に超ローコストとは? その2

6、竣工時に完成と考えない!
変化の早い昨今、家に対する考え方、価値観は、生活が変化し家族構成が変わると、数年で変わってしまいます。
きちっと、区切った間取りは、直ぐ使いずらくなります。あまり区切らず大らかに創ることが重要です。
家族がどの部屋に行ったか分からないような個室重視の考えは、閉鎖的です。家族なんですから、もっと開放的で良いのではないでしょうか。
あまり壁で区切らず、大半を家具や安価なフスマ、障子で区切り、家族の気配が感じられるような開放的な家が、ちゃんと家族の絆を育んでいける家になるのではないでしょうか。
ウッドデッキは、後からでも出来ます。
外構も、序々に気に入った樹木を植えていくのも楽しいものです。

7、工務店が安く出来る材料、工法を使う!
設計段階から、工務店に安く出来る材料や工法を聞きながら設計を進めるのもコストを抑える方法のひとつです。
工務店によって、材料の入手経路や造り方によって、安く造れる様々な秘策があります。
ケースバイケースですが、必ずしも、何社か見積って比較することで安くなるとは、限りません。はじめから相談に応じてもらえる良心的な工務店にお願いした方が、安くなることが多いことも事実です。

8、建具は、引戸のフスマや障子が安価!
木製建具工事だけでも、家一軒、100万円、130万円というようにかかるわけです。
これを、全て、1/2、1/3の値段のフスマや障子にすることで、大分コストダウンに繋がります。一般的な普通のフスマや障子をそのまま使うわけではなく、やはり、設計事務所でデザインしますので、一工夫して使います。

9、防犯対策グッズをホームセンターで買う?
防犯ガラス、防犯フィルム、雨戸は、アルミサッシをもう1つ付けるくらいの値段です。
家の防犯は、窓や戸を開けられてしまう時間を稼げればいいわけで、面付錠や戸先錠で鍵を増やしたり、クレセントをダイヤル式のものに変えるなどで対応できます。それは、全て、ホームセンターで間に合ってしまうということになります。(防犯ガラス、防犯フィルム、雨戸は、これで絶対安全というものではなく、時間をかければ破られます。)

10、アルミサッシは、引き違いを多用する!
一番多く使われているアルミサッシは、引き違いです。
ということは、引き違いが一番流通していて安いということになります。
小窓を使って、デザインするような場所は、お金をかけますが、そうでない場所は、出来る限り、引き違いアルミサッシを使うことをおすすめします。

以上のように、コストダウンに繋がるポイントを考えてみましたが、次は、更に、これくらいでは生ぬるい“超ローコスト”について、考えてみたいと思います。

                        つづく

|

« 外壁のメンテナンス | トップページ | オープンハウスに行って来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125129/15292416

この記事へのトラックバック一覧です: コストダウンのポイント、更に超ローコストとは? その2:

» 防犯ガラス といえば [防犯ガラス?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 17時06分

» 防犯グッズの紹介。一人暮らしを安心して過ごすためのセキュリティー [防犯グッズの紹介。一人暮らしを安心して過ごすためのセキュリティー]
このブログでは、防犯グッズの紹介をします。防犯グッズのブザーやガラスフィルムを駆使して、一人暮らしを安心して過ごすためのセキュリティーを対策をしっかりして、しっかり護身をしましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 00時15分

» 町の工務店ネットが県内で勉強会 [住宅リフォームの優良業者を名古屋でお探しなら]
町の工務店ネットが県内で勉強会山梨日日新聞初日は小沢建築工房(甲府市荒川二丁目、小沢文明代表)が手掛けた住宅や店舗を見学。山梨市小原西の創作料理店「和菜屋 宴」など三カ所を巡った。同ネットによると、小沢建築工房の緑化技術や太陽エネルギーを利用した建築技術が高い評価を得ていることなどから見学場所 ...続きこのトピックに関する記事をすべて表示する:続き...... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 16時25分

« 外壁のメンテナンス | トップページ | オープンハウスに行って来ました »