« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

最近のシンプルモダン

昨今 自然素材、木の家がもてはやされていた一時代が過ぎ去りシンプルモダンが流行ってます。

しかも 建築家ブームでコンセプト優先のシンプルモダン。

20年以上も住むことを考えると一時の?その時代の?流行の?コンセプトで家を建てるのは どうかと思ってしまいます。

10年、20年経つと“若気の至りで・・・”となってしまうからです。

私も 30代前半まではコンセプチャルな設計に酔いしれていました。

しかし 自宅の設計を経験してみると 3年、5年住むと 家に対する考え方、生活スタイルが変わってしまうんですね。

一時のコンセプト優先の設計では すぐに 10年、20年の長いスパンでは 対応できないものになってしまいます。

驚きの、究極の・・・のコンセプトではなく もっとマクロな、ある程度柔軟に対応できる考え方が住宅には向いています。

確かに 社会に一石を投じるようなコンセプトの住宅というのもありますがお施主さんが「やってくれ」というのであればいいのですが そうでないなら迷惑です。

それに あまりコンセプトを凝ったり、掘り下げたり、膨らまし過ぎては住む人が 窮屈なんですよね。

そんな訳で 私の設計スタイルは 正統派だったり、コンサバだったり、普遍性のようなことを踏まえてその上に その家の個性をのっけるようにしています。

冬休みは 12月30日~1月5日です。(対外的には)

1月は 早々に見積り合わせがあり 他、実施設計UP、基本計画もそろそろ始めないと。

皆さん 良いお年を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

装飾

Sousyoku1_1私の場合 わずかですが 装飾をします。

本来 空間構成の拡がり感や面白さをテーマにしていますが、余りにも シンプルモダンで空間構成だけを追及すると 空間が素っ気ない緊張感漂うものになってしまうので それを好まれるお施主さんでしたらそうしますが コンセプトだけを強調するのではなく 時と場合によって 調味料的に装飾をすることで 空間により奥行き感を出したり 表情を付けたりして デザインを馴染ましていく手法を取ります。

いわば スパイスのようなものでしょか。

あくまで 控え目な装飾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

大きな、大きなウッドデッキ

Wuddodekki 北浦和の家は 南側に隣家の2階建てがズラリ。

1階の居間にお日様の光を入れるために南側は全て吹抜を創りました。

しかし 眺めたり、遊んだりする南側の地面は日影です。

そこで デッキの床の高さは居間と同じにして 少しでも日が当たるように地面より上げ 居間の延長として使うことを考えています。

ウッドデッキは 日の当たる庭なんです。

だから 大きく、大きくなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »