« 浦和の家 | トップページ | スチールチェア »

2006年6月24日 (土)

ウッドデッキ

最近、輸入され日本でも多く使われるようになったデッキ材。

インドネシア産のウリン、南米産のイペなど。半永久的に腐らないといわれているが どの位の寿命なのだろうか?

確かに 密度が高く重い。加工も大変。水に強い桧や栗よりもかなり長持ちしそう。

横浜のみなとみらい21の大さん橋国際旅客船ターミナルの甲板や新宿駅南口から高島屋や紀ノ国屋に行く通路の床や船の甲板などに用いられている。

重歩行で耐候性が要求される場所で どうしても木が使いたいということで これが選ばれるのだろう。

明和工務店でそれと同種のデッキ材が安く入手できるのだそうだ。

“アサメラ”アフリカ産。

今度、北浦和の家のウッドデッキに使う予定。

北浦和の家は 現在2人の大工さんが1階、2階同時進行で頑張ってもらっています。

助かります。

ところで 明和さんの棟梁は田中邦衛に似ているのだろうか それとも桂歌丸に似ているのだろうか。

それは 明和工務店のHP 隠しページを見ると大工さんの紹介がされているので分かるかも・・・。

|

« 浦和の家 | トップページ | スチールチェア »

コメント

明和の棟梁は、私的には・・・・・
歌丸師匠に1票!!

I氏は・・・・・・
くにえに1票!!!との事です。

投稿: 秘密の事務員 | 2006年6月27日 (火) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッドデッキ:

» デザイナーズマンションの夏を楽しむ3-ガーデン・ライト編@デザイナーズマンションを作ろう [デザイナーズマンションを作ろう@普通の賃貸をデザイナーズマンションに!]
インテリアや家具の工夫で、普通の賃貸をデザイナーズマンションに変えてしまうTIPSを紹介しています。今回はガーデニング・ライトの記事ですが、もしよろしければトラバをお願いします^^。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 04時12分

« 浦和の家 | トップページ | スチールチェア »