« 自宅に光? | トップページ | 住宅の防犯 »

2006年1月10日 (火)

余計なコストの掛からない住宅

最近思う 限られた予算の中でより豊かな空間創りが出来る究極のキーワード

1.正方形に近いプラン

2.総2階

3.大きな吹抜

浮いた予算を断熱、気密、設備、仕上に廻しましょう!!

1.出来るだけ正方形に近いプランにすることで 無駄な廊下やスペースがなくなります。

2.1階と2階を同じ大きさにすると 出っ張り、引っ込みがなく施工し易く 経済的です。外部に面する壁の面積も少なく 外の環境に影響を受けにくい省エネ住宅になります。

1階の面積が大きい家に比べて基礎の面積が少なくて済み やはり経済的です。

3.ただ単に 総2階では つまらない普通の家になってしまいますが 大きな吹抜を利用して空間に広がりをもたせ 豊かな空間創りが出来ます。(大き過ぎるのも問題ですが)

ひと昔前では 住宅の性能も悪く 吹抜なんぞ創ろうものなら 寒くて、暖房費のかかる家になってしまいましたが 今では 断熱サッシや、外断熱通気工法を採用することで 断熱や気密の性能がかなり上げられ 吹抜を大きく自由に取ることができるようになりました。

この3つのキーワードを最低限守れば 割高にならない余計な工事額が抑えられます。

設計者としては あたり前のことに思っているわけなのですが 目に見えずらい要因なので なかなかお施主さんには 実感として分かっていただけない部分でもあったり、敷地条件などで難しい場合もありますが 基本は この3つのキーワードにあります。

|

« 自宅に光? | トップページ | 住宅の防犯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余計なコストの掛からない住宅:

» 24時間暖房は省エネ住宅か? [外断熱の木の家でエコハウスをつくる。]
省エネ住宅ってどういう家を指すのか? ある人から、「24時間暖房の家って省エネ住宅と家ないと思います。」 ということを言われたことがあります。 「建物全体を暖めれば光熱費がたくさんかかってしまうじゃないですか」 ともいう。 確かに、同じ性能の家を一部屋だ....... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 07時51分

» 冬至・窓からの日差しは暖かい。 [外断熱の木の家でエコハウスをつくる。]
冬至・一年で一番太陽の出ている時間が短い。 夕方の日没はすでに少しづつ遅くなっているが日のではまだ遅くなるようだ。 この次期でも、窓から入る日差しは暖かい。 日差しの強さは夏も冬も同じである。 冬は太陽の高度が低いために、地面にあたる太陽光が少なくなり冷....... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 07時52分

« 自宅に光? | トップページ | 住宅の防犯 »